早期返済が可能!フラット35のお得な繰り上げ返済とは?

早期返済が可能!フラット35のお得な繰り上げ返済とは?

お金と電卓

フラット35は繰り上げ返済が可能!

繰り上げ返済とは、返済期間中に融資金額の一部もしくは全額を返済できるシステムです。フラット35の借入でも、繰り上げ返済を行うことが可能です。この返済を行うことで、完済期日を早めることができるメリットがあります。また借入期間は今まで通りとして、月々の返済額を少なくすると言った「返済額の見直し」等もできますので、繰り上げ返済の検討は大きなメリットといえるでしょう。もちろん、早めに返済をすることで支払い金利分を安く挙げることができます。これだけでも家計に優しいと考えることができます。

模型とお金

フラット35へ借り換えしよう

今、マイナス金利政策が続いているため、長期ローンの金利がかなり押えられているメリットが生まれています。金利が底ということは数年後に金利が上昇するリスクもはらんでいる現状にあります。固定金利であるフラット35に借り換えをすれば、利息の計算し直しによって支払い総額を抑えることができますし、将来的に考えられる金利上昇の場合でも、契約時の金利分を支払うだけで済むので、経済的と言えます。マイナス金利政策前に借入を起こし、ローンが10年以上残っている方は検討の余地があります。

紙幣

フラット35でローンを組む際の審査内容について

フラット35の審査は厳しいと言われていましたが、今では、年収400万円未満であれば一年の返済額が年収の30%であること、年収400万円以上であれば、年収の35%程度であることが第一の条件となります。年収400万であれば、月10万円までの返済ができます。35年分であれば、4200万円までの住宅購入が見込めるわけです。こう考えると、大きな年収が見込めなくとも自分の理想の家が購入できますね。また、親子リレー返済も併用できるため、年収が低くとも条件を満たせば、借入のハードルが低いと言えます。

模型とmoney

フラット35を含む住宅ローンを組む際に気をつけたいこと

住宅ローンを組む場合には「保証料」が含まれています。これは連帯保証人を立てずに、保証会社による保証を委託する際に発生する費用です。この保証料は高額に上ることがあるので気をつけましょう。フラット35の場合、融資事務手数料が発生します。また、繰り上げ返済を行うごとに事務手数料が発生しますので、返済を行うことによって支払い総額が高くなってしまったということがないようにしなければいけません。
また、団体信用保険料と呼ばれる、ローン契約者に万一のことがあった場合保険によって相殺できるシステムに加入しなければいけません。

ローンで購入する人が多いものベスト3

お金を出す人
no.1

中古・新築問わずマイホーム

土地や建物は一括で購入できないものという位置付けがあります。毎月家賃程度の支払い・最長35年のローンで購入できます。

no.2

自分の好みの車を購入する

予算に見合わない車も、整備をきちんと続けることで長く乗ることができます。5年もしくは6年程度のローンを組むことで、生活を圧迫することがなく車が購入できます。

no.3

学資に対するローンも多いです

大学の学費を確保するために学資ローンを利用される方も見られます。4年制だけではなく6年制の大学も増えてきました。プロフェッショナルを育てる教育のために、ローンを組むこともあります。

広告募集中